㈱アドバンテージのSDGsへの取り組み

sdg_poster_ja[1].png
 SDGs(エスディージーエス)とは 
『 持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。 』

引用:外務省|SDGsとは?
引用元URL:https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html


 ㈱アドバンテージのSDGsへの取り組み 

貧困をなくそう.png
・寄付ができるチャリティー自動販売機の設置
SDGsへの取り組みとして日本財団へ寄付ができる自動販売機を設置致しました。
当社入口付近に1台設置しております。売り上げの一部が寄付金となるので
普段通りの自動販売機のご利用で寄付することが可能です。
㈱アドバンテージでは「子どもの貧困対策」に寄付することと致しました。

チャリティー自販機 正面.jpeg

チャリティー自販機 横.jpeg

チャリティー自販機 現金投入付近.jpeg

< 子どもの貧困対策 >
『 子どもたちが、生まれ育った家庭の経済社会状況にかかわらず、未来への希望を持ち、自立する力を伸ばすことのできる機会と環境を提供することは大人世代の責任です。 日本財団は、生活困窮家庭の子どもたちに、「第三の居場所」を提供することで、人や社会と関わる力、自己肯定感、学習習慣など自立する力を伸ばし、社会的相続を補完します。行政、NPO、大学、企業、市民の方々とチームで取り組み、 「みんながみんなの子どもを育てる社会」をつくることで、貧困の連鎖を断ち切ります 』

引用:日本財団│寄付をお考えの方へ
引用元URL:https://www.nippon-foundation.or.jp/donation

ジェンダー平等を実現しよう.png 働きがいも経済成長も.png
・社内での取り組み
フレックスタイム制を取り入れており、社員個人の(家庭等)状況に合わせて出勤時間等を調節しております。
企業提携の保育園もあり、小さいお子様がいる方が働きやすい環境を整えています。

< 日本財団 関連リンク >
日本財団(トップページ)

この記事へのコメント