エアコンの水漏れ 対処方法

無題.png

夏場に良く起こるエアコンからの水漏れ。
水漏れ原因の大半が 「ドレンホースの詰まり」 になります。

※ドレンホースとは
エアコンの仕組みとして、暖かい空気を冷たい空気に換える過程で「結露」が発生します。結露によってできたエアコン内部の水を、外に排出するための排水管のことで、このホースは、とっても細くて詰まりやすいものになります。(下記の【2】の写真をご覧ください。)

ドレンホースの詰まりで水漏れが発生している場合、ご自身で解決できる可能性が高いため、設備業者様の手配やご連絡前に、お手数ですがセルフチェックと清掃をお試し下さい。

詰まりの原因はいくつか考えられますが、エアコン内部のホコリ清掃を長期間怠っていると、溜まったホコリの一部がドレンホースに落下し、ホースの途中で固まってしまったりする事があります。

【1】エアコンのフィルターの定期的な掃除

①フィルターを取り、掃除機でホコリを吸い取る
②基本的にフィルターは水洗いができるので、水洗いをする
③干して、乾いたらフィルターを戻す

無題1.png

【2】ドレンホースの塞ぎを解消する

外部からゴミが入ったり、何らかの原因で排水口が塞がってしまう事により、水が排出されなくなると、ドレンホース内を水が逆流し、室内の吹き出し口から水漏れしてしまいます。

ドレンホースの排出口の確認

無題2.png

ドレンホースとは写真のようなじゃばら状のホースで室外機の近くにあることが多いです。(部屋の壁から室外機へ伝っているコードを追うと見つけやすいです)

無題3.png

無題4.png

無題5.png

※よくある状態
①排出口の位置が良くない
(水たまりに入ってしまっている、ドレンホースの排出口の向きが悪いため水が排出されない)
→ホースの位置を変える
②ゴミが溜まっている
→割り箸などの細長い棒を使いホースの中を綺麗にする

それでも水漏れが解消されない場合は、ドレンホースのお掃除をしましょう!

【3】ドレンホースの掃除

①掃除機で吸い取る方法
ドレンホースの排出口に掃除機をぴったりつけてゴミを吸い取る


無題6.png

※注意※ ドレンホース内の水を吸い取らないようにしてください。
ホース内の水を吸ってしまうと掃除機が故障してしまうこともあるのでご注意ください。

掃除機の故障を防ぐためには、
・冷房を使わないで数日経ってからお掃除する
・排出口に布を当ててから掃除機で吸い取る(上記写真)

②専用ポンプを使う
ポンプはホームセンターやインターネットショッピングでも購入できます。ポンプの口とホースの排出口を隙間がないようにぴったり合わせ、持ち手を引っ張ってゴミを吸い上げます。

無題7.png

※注意※
ハンドル手を押さないようにしてください。
ホース内の汚水が逆流して室内に飛び散る恐れがあります。

工夫としては
・ハンドルを押すときには、ドレンホースからポンプを取り外す等

害虫対策にはドレンホースキャップ
室内迄たどり着けなかった害虫もドレンホース詰まりの原因になるかもしれません。

無題8.png

【その他】結露による水漏れ
室内機の吹出口に水滴がつき、ポタポタと垂れたり、エアコンの風とともに飛び散るような水漏れの場合は、エアコンの使い方を工夫するだけで解決することがあります。

エアコンの設定温度が低すぎる場合、結露が発生しやすく、吹出口に結露水がついたり、エアコンの風と一緒に飛び散ることがあります。
➡設定温度を上げると改善するかもしれません。

風向きを「下向き」で運転し続けると、結露が発生し、吹出口に結露水がついたり、エアコンの風と一緒に飛び散ることがあります。
➡風向きを「上向き」または「自動」にすると改善するかもしれません。



この記事へのコメント